亀田屋 KAMEDAYA FROM UTSUNOMIYA JAPAN.

自然と、
家具とワインを。
KAMEDAYA
ONLINE STORE & BLOG.
SCROLL
<もどる

うなぎに、
シャンパーニュ

亀田屋コラム

2018年8月11日

暑い!

 
いやはや。今年は暑い。暑すぎる。今日ぐらいから少し落ち着いてきてはいるが、今年は異常気象だといわれても誰も異論を唱える人はいない。自分の記憶では、ここ数年暑いからという理由でうなぎを食べたことはなかったが、異常気象のせいだろうか、今年は「そうだ、暑いからうなぎを食べよう」と思う謎の夏になった。

 

うなぎの街、宇都宮

 

よく「餃子の街、宇都宮」と言われる。これは宇都宮公式HPでも宣言しているとおり、店舗数や消費量に鑑みても間違いない事実。実際自分も実家に住んでいるころ、常に冷凍庫に餃子の箱が5~6箱積んであった記憶だ。

アイスを食べようとして冷凍庫を開けると、餃子の赤い箱に占拠されていてガッカリしたことを昨日のことのように思い出す。赤い箱の間にアイスのバーが少しだけ見えて、よっしゃ!と思ったらあずきバーだったり。

一方、うなぎ。食べたいと思わなければさほど気づくことはなかったのだろうが、一度「食べたい」と思うと、そこら中にうなぎ屋があることに気づいた。実は宇都宮はうなぎの街なのでは?宇都宮がうなぎの街かどうかはさておき、めったに食べないのだからとびきりおいしいやつを食べたい。

ヒットの確率を上げるため知り合いにヒアリングすると、数ある中でもいわゆる人気店と言われるお店がいくつかあって、あとは好みだそうだ。自分はあまり濃いものが得意ではないので、あっさりめがいいなというと、「川蝉」というお店を勧められた。

「川蝉」なら知ってるぞ。宇都宮に引っ越してきた当初、おいしいお店を探しまくっていて。
(地方都市ではあまりあてにならない)「食べログ」で唯一4.0を超えている伝説のお店じゃないか。

行こう。すぐ行こう。しかしなんと、名店らしく「小学生以下の入店お断り」だ。うちの子はいい子なので・・・いやダメだ。これを言ったらモンスターの仲間入りだ。諦めかけたとき、すばらしい情報が入った。なんと「テイクアウト」OKですって!なんと「肝焼き」もテイクしていいって!

台風が近づいてきている怪しい雲行きの中で、一筋の光が見えた瞬間だった。

無事ゲット!しかし盛り上げ上手な梱包やなあ!

 

うなぎに、シャンパーニュ

 

ワイン通にこんなことを言ったら、おまえもぐりだな、と言われるだろう。定説では、「うなぎに、ピノノワール」だ。確かにうなぎにピノノワールが合うことは経験上把握済みだ。
しかし、この暑い中、どうしてもピノノワールを飲みたくない。そんなことがあるのも人間だ。

暑い夏はやっぱり「泡」だ。ピノノワールを使っている「泡」で乾杯だ!

シャンパーニュ ポルヴェールジャック ブリュット
・生産国 フランス
・地方 シャンパーニュ
・品種 ピノムニエ50% ピノノワール30% シャルドネ20%


色は濃い目。淡い小麦色の外観に、華やかな梨や白い花の香りが広がる。さわやかでありながら果実味があり、様々な料理と良く合う。

テイクアウトすると当然冷めるので、家で温めなおしたら最強にふっくらの、五感に染み渡るうな重が再現された。

おいしかった!定説にこだわりすぎず、その日の気分で色々なワインを開けてみると面白い。人生は挑戦しなければただ命の浪費だ。稀に、びっくりするぐらい合わない組み合わせもあるけどね。笑

今回紹介したシャンパンは在庫がないことも多く、商品一覧に出てこないことが多い。
味わいが似ているシャンパンをご紹介しておくので参考にしていただければ幸いです。謝

関連商品

#もっとやさしく 亀田屋コラム

#もっとたのしく 亀田屋コラム

#もっとやさしく 商品

#もっとたのしく 商品

<もどる
お買いものはこちら