亀田屋 KAMEDAYA FROM UTSUNOMIYA JAPAN.

自然と、
家具とワインを。
KAMEDAYA
ONLINE STORE & BLOG.
SCROLL
<もどる

国際航空宇宙展に、
行ってきた

亀田屋コラム

2018年11月30日

かねてよりお知らせの通り、11/28~30に東京ビッグサイトで開催された「国際航空宇宙展2018東京(JA2018)」に出展してきた。

開催時間は10時~17時なので、毎日往復できない時間・距離ではないのだけど、宇都宮というのはなかなか微妙な位置で…前回出展された諸先輩のご意見も伺い、結局前日準備から3泊4日の長期出張の形をとった。
(めっちゃ疲れたので結果オーライでしたー)

国際航空宇宙展というのはその名の通り航空宇宙に関わる世界のメーカー、商社が集まる業界の一大イベント。前回開催は2016年で、通常4年に一度の開催となるため本来2020年開催予定だが、オリンピックとの絡みで今回は前倒しで開催となった。

まずは前日、準備完了の様子。まだ製品は見せないぜ。

以前の記事でもお伝えした通り、栃木県は航空関係の製造業者が多いため、栃木県をヘッドに栃木県ブースの中に複数業者が共同出展する形となった。

左:ACM栃木様
中央:当社
右:テツカクリエート様

当日、カーテンオープン~

3社とも複合材領域の会社だが微妙に得意分野が異なる。3社の得意分野を合わせると最終製品まで仕上げることができる。

栃木県ブース。

参考:スバルブース。スバルがプライムとなるUH-Xの展示を中心に、空飛ぶ車構想なども発表された。

当社製品。ハニカムコア加工30年の歴史。

パンフレット。工業業界はスペック重視の業界なのでイメージ寄りのパンフレットを作ってる会社は当社の他にあまり見なかったな(つまり勝機あり)。

最終日終わって、サヨナラビッグサイト。

なお、写真はすべて当社従業員が撮ってくれたもの。写真の上手な社員がいると本当助かる!

製造業の場合、名が知れたからといっていきなり受注が増えるわけではないので戦果はこれからだが、社外に出て直接お客様対応することで従業員が外の世界に触れられたり、自社製品のアピールをすることで自社の長所に改めて気づいたり、社内のレベルアップに早速効果が表れた。

また、翌日の下野新聞にも記事が露出したようで、採用などの面でもプラスの効果があるとよいなと。

ということで航空の方も頑張ってます。家具ともども応援宜しくお願いします。

ちなみに余談だが、今月は東京出張が多かった。fitbitの歩数カウントで確認してみると…

東京出張の日は10000歩レベル、栃木勤務の日は4000歩レベルと、こんなに大きな歩数差があることに気づいた…どおりで栃木来てから太ったような。

東京時代は通勤だけである程度カロリー消費してたけど、栃木来てからカロリー消費が減ったことの数値的裏づけ。意図的に運動しないと、これ本当にマズイね。

もしくは出張を増やすか。東京や地方のみなさん、私を出張に連れ出して!

#もっとたのしく 亀田屋コラム

#もっとたのしく 商品

<もどる
お買いものはこちら